散骨ネット.com

違法ではなくても

散骨は違法ではありません。
しかし違法ではないからと言って、散骨ネットは
どこにでも散骨をしてもよいとは考えません。
北海道のN町で、周囲の住民の同意を得ることなく、
樹木散骨を実施しようとした葬送業者がありましたが、
住民運動により町が条例を作り、実施できなくなりました。

納骨はお墓か納骨堂という風習が強い日本においては、
散骨に根強い反感を持っている方も多くおられます。
いくら故人の生前においての要望であったにしても、
周囲住民の同意を得ることなくしては、散骨を
実現することは困難なのです。
散骨のみならず、近所に墓地が造成されることにも
不快感を抱き、反対する住民もいらっしゃいます。
残念ながら縁のある方の『死』は厳粛に受け止めても、
見ず知らずの人の『死』には、関わりたくないというのが
多くのかたの持つ通念であることも考えなくてはいけません。

散骨ネットは、生前をご遺族や周囲住民のかたなどと、
社会の一員として過ごしてきたのですから、故人と
なったからと言って、社会的なコンセンサスを得られない
納骨方法を選択すべきではないと考えます。


地球に優しい  

海洋散骨は現代の日本において、新しい
埋葬・納骨方法であり、私達が暮らす地球にとって、
最も適した方法ではないでしょうか。
国土の狭い日本では霊園開発の際、
大掛かりな森林伐採が行われ、環境破壊が
問題になっています。
墓地の高騰化や、少子化により墓地を守る人が
減ってきている現状を考えると、果たして
お墓・納骨堂にこだわる必要があるのでしょうか。
たしかに仏教による葬送が大半な世の中で、
お墓・納骨堂という構図は捨てきれず、散骨に
根強い抵抗があるのが実情です。
  
現在の埋葬・納骨方法もそんなに
歴史があるわけではありません。
庶民がお墓を造るようになったのは、
江戸時代からで、幕府の
民衆統治制度である檀家制度が
軌道に乗ってきたころからです。
一つのお墓に何人も入るという
「家の墓」が一般化したのはもっとずっと
後のことで、明治30年代後期ですから、
歴史的には新しい風習といえます。
  
葬送の風習は時代を反映して移り変わります。
環境破壊により温暖化などで地球が
悲鳴を上げている現代において、自然保護に繋がる
海洋散骨が広まっていることは、もはや必然と言えます。
また海洋散骨であれば、世界的にも認知されており、
日本においても社会的なコンセンサスが十分得られます。

以下は最近の著名人の散骨の例です。
(敬称省略)

日本人では 
 天本英世(俳優) 河川葬 
 荒井注(俳優・コメディアン)海洋葬 
 石原裕次郎(俳優) 海洋葬 
 いずみたく(作曲家) 海洋葬 
 岩倉政治(作家)海洋葬 
 王恭子(ダイエー・王貞治監督夫人) 海洋葬 
 大橋恭彦(映画評論家)海洋葬 
 勝新太郎(俳優)海洋葬 
 沢村貞子(女優)海洋葬  
 杉兵助(コメディアン) 河川葬  
 竹中労(労働運動家)海洋葬 
 藤田敏八(映画監督)海洋葬 
 藤原義江(作家)海洋葬 
 松本秀人(X-Japan)海洋葬 
 横山やすし(漫才師) 海洋葬

外国人では 
 アインシュタイン博士(物理学者) 河川葬 
 エンゲルス(思想家) 海洋葬 
 ガンジー(元インド首相) 山岳葬 
 ジャック・マイヨール(潜水家) 海洋葬 
 ジャン・ギャバン(俳優) 海洋葬 
 周恩来(元首相) 河川葬・大地 
 ジョージ・ハリソン(元Beatles) 河川葬 
 J・F・ケネディJr.夫妻とその姉の3人 海洋葬 
 ネール(元インド首相) 海洋葬・河川葬 
 小平(元首相) 海洋葬(空から) 
 ポールマッカートニー婦人 大地 
 マリア・カラス(ソプラノ歌手) 海洋葬 
 マルティネ(言語学者) 湖葬 
 ライシャワー(元駐日大使) 海洋葬 
 ロバート・ルイス・スティヴィンソン(作家)山岳葬

仮面ライダーの死神博士でおなじみの天本英世さんは
「将来はスペインに移住したい」と言っていたが実現できず、
地元のカトリック教会で葬儀を行ったが、予てからの遺言で
遺灰は2005年10月下旬にスペインアンダルシアの
グアダルキビール川源流近くに散骨されました。

(一人ひとりのエピソードがあるのですが、割愛します。)


散骨のススメ

遺骨は、お墓・納骨堂に守られていてもいつかは
自然に還ります。しかしお墓・納骨堂は人工物であり、
決して自然に戻ることはありません。  
どうせ自然に還るなら、地球に生まれ地球で
死ぬのですから、最後は地球にやさしい旅立ちでも
良いのではないでしょうか。

散骨ネットでは節度をもって散骨を行い、
自然に回帰するお手伝いをしております。


これが「散骨ネット」のポリシーです。

価値観が多様化し、画一的な葬法しか
選ぶことが出来ないのはおかしい。
死者を弔う方法は、節度さえあれば
各人各様であってよい。
また故人の遺志に従ってどのように故人を追悼し、
思慕の念を表現するかは本来自由である。
従って墓に入る自由を含めて葬送の自由が
認められるべきである。

 


散骨は違法じゃない

最後にちょっと堅苦しいかもしれませんが、
違法でない証明に関連した法律を記してみました。

墓地、埋葬に関する法律

第四条    
「墓地以外の埋葬、火葬場外の火葬の禁止」
埋葬又は焼骨の埋蔵以外の区域にこれを行ってはいけない。

刑法

第一九〇条    
「遺骨遺棄等」死体、遺骨、遺髪又は棺内ニ蔵置シタル物ヲ損壊、
遺棄又ハ領得シタル者ハ三年以下の懲役ニ処ス

廃棄物処理法

第十六条(第一項略)
何人もみだりに次に揚げる行為をしてはならない。
一、第六条第一項に規定する区域内又は
その地先海面において廃棄物を捨てること
二、第六条第一項に規定する区域以外の区域
又はその地先海面において産業廃棄物を捨てること。

第十〇条
何人も海域において、船舶からの廃棄物を
排出してはいけない(以下略)

法律に対する見解

墓地、埋葬に関する法律について

この法律は「埋葬」又は「埋蔵」する場所しか適用されない。
埋葬も埋蔵もされない散骨は、この法律の守備範囲ではない。
これらについては厚生省もそれを対象外と認めたうえで
「墓埋法は土葬と火葬が半々だった戦後混 乱期の
昭和二十三年にできたもので、勝手に土葬して
伝染病が広がったりしないよう にという公衆衛生上の
関心の方が強かったのではないか。
遺灰を海、山に撒くといっ た慰霊方法は当時、
頭になかった」と言っています。

刑法について

遺骨を遺棄することを禁ずる「遺骨遺棄罪」の規定があるが、
葬送のため粉骨した遺灰を撒くことは「遺棄」にはあたらない。
故人の遺言や遺族の承諾があり公序良俗にかなった方法と
場所を選べば、犯罪構成要件にはあたらない。
法務省は「節度をもち、社会秩序を乱すようなことがなければ
問題はない」 と基本姿勢である。

廃棄物処理法と海洋汚染法について

主に環境汚染の事をうたっており、遺灰はリン酸カルシウムが
主成分であるから問題はない。